こんなお悩みありませんか?

スイングの際に体幹がブレてしまったり、もう少し力強くスイングがしたい

ゴルフをした後は腰が痛む

ホールを周回中に疲れてしまい、集中力が切れてしまう

この悩みトレーニングで解決できます!!

飛距離をもっと伸ばしたい!へッドスピード(スイングスピード)を上げたい!という方には背中の筋力や下半身の筋力強化がおすすめです!

ゴルフは上半身の回転で飛ばすので一見関係ないと思われがちですが、上半身の素早い回転に耐えられる強靭な下半身も重要となります。
上半身の回転がいくら速くても、下半身で踏ん張りが効かないとスイングの力が逃げてしまいゴルフ球に力を最大限伝える事が出来ません。
また上半身のスイングを安定して速くするためには背筋力も重要になります。
背中の筋力が弱いと上半身を速くスイングした際に、体の軸にブレが生じてしまいゴルフ球に適切なポイントで当てるのが難しくなります。
背筋を鍛えることで上半身の姿勢の維持が楽になり安定して速いスイングを行うことが可能となります。


周回中に疲れて集中力が切れてしまう方、腰が痛むという方は基礎的な筋力が低下している可能性があります。

疲労の原因としては単純な筋力・体力不足が考えられます。
腰痛に関しましては普段のフォームの悪さや既往歴などにも左右されますが、背面の筋力強化を図ると改善される事があります。
体の背面の筋肉は主に背中全体・腰・お尻・太もも・ふくらはぎといった筋肉で構成されておりこれらの筋肉は体を支える上でとても重要な筋肉となります。
それらの筋力が向上するとスイングのフォームの保持が楽になり無駄な体力を使わずに過ごせるため安定した周回やゴルフによる腰痛の改善に繋がります。

そのゴルフのお悩みはトレーニングで解決しましょう!
あなただけのオリジナルメニューで体を鍛えてまわりと差をつけましょう!